BUFFALOES BLOG

東京工業大学アメリカンフットボール部BUFFALOESのBLOGです!

イヤホン買おうぜ

こんにちは。32期の異端児ことDLの竜成の方の林です。

 

去年この大学を受験してからかれこれ1年近くも経過したと考えると大学1年目は早かったなぁと感じます。

 

今回は僕の趣味の音楽鑑賞で使ってる愛機達の一部を紹介しようかなと思います。特に受験期や気分が上がらない辛い時、逆に気分を上げたい時はいつも支えてくれた愛すべき仲間達です笑

 

1.SENNHEISER IE800

f:id:buffaloesblog:20190211212047j:image 

オーストリアの老舗オーディオメーカーSENNHEISERイヤホンのフラグシップモデル。圧倒的な音場の広さと高音の抜けが特徴。音の籠りが全く無く、目を閉じると広いコンサートホールで聴いているような感覚に陥ります。購入当時高校生だった僕は別の機種を試聴するために群馬から秋葉原にまで行ったのですが、まさか試しに聴いたこの機種に一発で惚れて予定額の3倍も使うとは思いもしませんでした。

 

2.SHURE SE535 LTD-J Special Editionf:id:buffaloesblog:20190211213208j:image

アメリカのオーディオメーカーの代表格ShureのJAPANモデル。ドライバーと呼ばれるイヤホン内部にあるスピーカーが3台ずつも積まれており(普通は1台)、解像度が抜群。ヴォーカルなどの中音域の圧が強い。女性ヴォーカルの曲を聴くと耳元で歌われてるような感覚に陥り、背筋がゾワゾワします笑

 

3.audio-technica ATH-AD2000Xf:id:buffaloesblog:20190211214142j:image

日本が世界に誇るオーディオメーカーaudio-technicaのヘッドホン。オープンエアー型と呼ばれる、ヘッドホンの側面が丸出しの機種で音漏れはガンガンしますが音場の広さと籠らない音抜けの良さが魅力。解像度も抜群でバンド曲ならどの位置に何の楽器があるか、映像作品でも足音の迫る方向、息遣い、服の擦れる音等々、細かい音の描写まで聴き取る事ができ、臨場感が凄い!

 

4. BOSE Wave SoundTouch music system IVf:id:buffaloesblog:20190211215508j:image

世界のBOSEのスピーカーです。画像では分かりにくいですが非常に大きな機種で部屋の勉強机を占領されています笑 BOSE特有の重厚な低音は大音量で流せばもうライブ。かと言って中音域、高音域を蔑ろにしている訳ではなく繊細な音も出ます。まあ寮生活なので爆音流すとクレームになるのですが笑

 

 

と、まあ長々と独り言のごとく書いてしまいましたが、これを機に携帯付属のイヤホンから一歩成長して少し良いイヤホン買ってみてはいかがでしょうか。読んでくれた皆さんが少しでもオーディオに興味を持ってくれたら幸いです。

 

次は野村と並ぶ32期のマスコット、大阪が産んだエセ関西人「よしこ」こと好古の方の林です。