BUFFALOES BLOG

東京工業大学アメリカンフットボール部BUFFALOESのBLOGです!新入生の方はカテゴリーから新歓情報をCHECK‼

2022秋 2次リーグ第1節 関東学院大学戦 試合レポート

本日は11/26(土)に行われました関東学院大学戦の試合レポートをお届けします。

 

東工大のキックにより試合開始。

関東学院のリターンは敵陣30yds付近に抑えるも、続く関東学院オフェンスのランを止められず自陣に攻め込まれる。ロングパスも決められ、残り5yds地点から1st down 10yds。#36 LB石黒(4年)と#99 DL織田(1年)がQBサックを決め、さらに#94 DL貞森(2年)がファンブルリカバーを成功させたかに見えたが、これはプレー終了後との判定。

関東学院はFGを選択し、成功。0-3で先制を許す。

 

関東学院のキックにより試合再開。

自陣30yds付近から開始した東工大オフェンスは#17 RB喜多(3年)のランにより安定してゲインを獲得。ファーストシリーズを着実に進め、最後は#22 RB中井(4年)が続けてランプレーを通しタッチダウン。PATも成功し、7-3で東工大のリード。

 

東工大オフェンスはさらに得点を追加したいところだが、ボールミスに続きインターセプトを受け攻守交代。自陣25yds付近で関東学院にチャンスを与えてしまう。

関東学院オフェンスはその勢いのままタッチダウン。7-10で逆転されてしまう。

 

関東学院のキックにより再開。これをリターナー喜多がキャッチし一気に90ydsを駆け上がり、そのままタッチダウン。#81 K河野(4年)がPATも決めきり、14-10で再び東工大のリード。

 

続く関東学院オフェンスはパントに抑え、さらにリードを広げたい東工大オフェンス。#3 QB大島のランにより30yds獲得し、そのままランプレー中心に前進。残る1ydも大島が押し込みタッチダウン。21-10で東工大のリード。この点差のまま前半終了。

 

関東学院のキックから後半開始。

10ydsを超えるナイスランが連発、勢いよくゴールライン付近まで攻め上がり、最後は喜多が本試合2回目のタッチダウン。28-10でリードを広げる。

 

しかし続く関東学院の攻撃では2プレー目で独走タッチダウンを許してしまう。PATも決められ28-17。

 

続く東工大オフェンスもパントに抑えられるが、ほとんどリターンを許さず攻守交代。相手のオフェンスパントを短い距離で#38 DB黒川(3年)がキャッチしそのままリターン。

ハーフライン付近から東工大の攻撃が始まるも、このシリーズは得点には繋がらず。

#8 DB平木(4年)のロスタックルにより相手オフェンスにもゲインを許さず、互いに追加得点のないまま4Qへ突入。

 

東工大オフェンスは着実にランを進め、最後は中井がタッチダウン。35-17。

続く関東学院オフェンス1プレー目で黒川がインターセプト、そのまま15ydsほどのリターンに成功。攻守交代するもここは得点には繋げられない。

その後の関東学院はロングパスを通し、さらに独走を重ねタッチダウンとする。35-24。

 

点差を広げたい東工大は、続く関東学院の攻撃で平木がインターセプトを成功させて勢いづく。パスプレーを中心に進めたいところだったが、勝負所で取りきれず追加得点には至らない。

対する関東学院にはゲインを許さず、そのまま35-24で試合終了となる。

 

 

 

 

次に迎える2次リーグ第2節・帝京大学戦の結果をもって、入れ替え戦に進めるかどうかが決まります。

相手は一敗、背水の陣で臨んできますが、長年の悲願であるBIG8昇格、入れ替え戦進出を果たすため、この勝利は絶対に譲れません。


何個も上の代から、必死に追いかけ掴み切れなかった舞台がすぐそこまで来ています。

このチームの1年間を、4年生の4年間を、これまで築かれてきた歴史を、証明する時が来ました。持てるもの全てを出し尽くし、必ず勝ちます。

そして何より、「激しくしつこく最後まで」我々が目指すフットボールを、フィールドで体現します。

 

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

 

Next Game...

12/11(日)  vs帝京大学  13:45K.O.  @アミノバイタルフィールド

 

2022秋 第三節 一橋大学戦 試合レポート

本日は11/5(土)に行われました一橋大学戦の試合レポートをお届けします。

 

日が傾きかけた秋空の下、東工大のキックにより試合開始。

一橋オフェンスのファーストシリーズをパントに抑え、続く東工大オフェンス。

#17 RB喜多(3年)や#3 QB大島(3年)のランでコンスタントにヤードを獲得。喜多の35ydsゲインで一気に攻め上がり、残り10ydsまで運ぶもタッチダウンはならず、FGKを選択。#38 DB黒川(3年)がキックを成功させ、3-0で東工大の先制。

 

東工大のキックで試合再開。ここで一橋大におよそ75ydsのビッグリターンを許しGL付近まで運ばれてしまう。続くランプレーでタッチダウン。3-7で一橋大のリード。

 

一橋大学のキックで試合再開。東工大オフェンスは#6 QB及川(2年)から#18 WR米田(2年)へパスを通しゲインを獲得するも、QBサックを受け4th downでパントを選択。

しかし続く東工大ディフェンスは相手オフェンスを3プレーで止めきり、残り98yds地点からのパントに抑える。

GLまで残り35ydsというグッドポジションから東工大オフェンス開始。喜多のラン、#85 WR村山(2年)のパスキャッチが成功し、最後は喜多が20ydsを駆け抜けタッチダウン。黒川がPATを成功させ、10-7で東工大逆転。

一橋オフェンスはランプレーでロングゲインを重ね、4th downギャンブルでもパスを成功させて残り10ydsまで攻め上がる。しかし2回のホールディングで大きく罰退し、パスプレーで30ydsゲインするも最後はFGKにとどまる。3点追加で10-10。同点で前半終了となる。

 

10-10の同点で後半開始。東工大オフェンスはランプレーを中心に展開するもパントに抑えられ攻守交代。

続く一橋大オフェンス一発目で#43 DB東(2年)がインターセプトを決め、ターンオーバーに成功する。

このチャンスを得点まで繋げたい東工大オフェンス。ランプレーを中心に一気に攻め上がりFGKまで持ち込むも不成功、追加得点には到らない。

続いての一橋大オフェンス、ロングパスが投げ込まれるも#8 DB平木(4年)がインターセプトを成功させ攻守交代。

50yds付近から東工大攻撃開始。ランプレーを中心にゲインを重ね、30yds付近まで攻め上がったところで3Q終了。なんとしてもタッチダウンまで持っていきたい状況の中、4Qへ突入。

大島から#83 WR小山(3年)へパスが決まりタッチダウン。PATも成功させ17-10で東工大のリード。

 

東工大ディフェンスも、一橋QBが落としたボールを#94 DL貞森(2年)がリカバーに成功。このまま良い流れに乗りたい東工大だったが、続くオフェンスは得点にはつなげられずパントに抑えられる。

ここで一橋大オフェンスはパスプレーを中心にゲインを重ね勢いづき、35yds地点まで攻め上がる。パスキャッチからのRAC(run after catch)でロングゲインを許しタッチダウン。17-17の同点に迫られる。

 

続く東工大オフェンスは65yds地点から攻撃開始。試合時間は残り2分に迫っており、パスプレーを中心とするオフェンスで猛攻を仕掛ける。及川から米田へのロングパスで20ydsゲインに成功。及川のスクランブルやショートパスで着実に進め、残り9ydsとなるもパス、ランともに取りきれずFGKを選択。

決めれば勝ち越し、外せば同点、残り数秒の状況で#81 TE河野(4年)が決めきり3点追加。20-17で東工大のリード。

2秒残る中、最後は一橋大学のKRスペシャルプレーを#7 DB井上(4年)が仕留めきり、試合終了。

 

 

結果としてなんとか勝利したものの、リードされる場面も多く、各所で反省の残る試合内容となりました。何より、戦略である激しさ、しつこさの面においてまだまだ目指すものからは程遠いプレーばかりであったことが一番の課題です。

入れ替え戦で勝利を掴むためには、次の試合までに必ず大きく変えなければなりません。一日一日を決して無駄にせず、無駄にしないだけの準備を重ね、グラウンドで全てを出して、やっと何か一つ変わるような、そういうものだと思います。残された時間は多くはありません。試合前にサイドラインに立ったとき、やれるだけのことは全てやったと思えるように、日々取り組んでいきます。

 

 


また、本試合をもって1次リーグを全勝で突破したため、2次リーグの日程と対戦相手は以下の通りとなります。


2次リーグ 第1節 11/26(土) vs関東学院大学 @アミノバイタルフィールド  9:30 K.O.
       第2節    12/11(日) vs帝京大学 @アミノバイタルフィールド  13:45 K.O.

2次リーグを1位または2位通過すれば、長年の悲願である1部昇格をかけた入れ替え戦に進みます。


入れ替え戦 12/24(土) @アミノバイタルフィールド  10:45 or 13:45 K.O.

 

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

 



2022秋 第二節 千葉大学戦 試合レポート

10/15(土)に行われました千葉大学戦の試合レポートをお届けします。

 

東工大のキックにより試合開始。70yds地点から千葉大学の攻撃が始まる。

 

4プレー目、投げられたボールを#8 DB平木(4年)がキャッチしインターセプト成功。

東工大オフェンスは50yds地点からドライブ開始。#85 WR村山(2年)のパスキャッチや#2 RB片山(4年)・#3 QB大島(3年)のランにより自陣10yds付近まで攻め込む。最後は1ydを押し込み大島がタッチダウン。目標としていたファーストシリーズでのタッチダウンを達成する。6-0で東工大のリード。

 

東工大のキックで試合再開。続く東工大ディフェンス、一度は相手オフェンスの4th down ギャンブルを止めきれず30yds地点まで攻め込まれるも、次の4th downをなんとか抑え攻守交代。

その後千葉大学インターセプトによるターンオーバー、続く千葉大学オフェンスでは#7 DB井上(4年)のインターセプトで再び攻守交代するも両者得点にはつながらず、前半終了。

 

千葉大学のキックにより試合再開。再び井上がインターセプトを決め、ゴール前11yds地点まで運ぶ。グッドポジションから攻撃開始、大島が着実にランで進めタッチダウン。13-0で東工大のリード。

東工大のキックにより試合再開。千葉大学の攻撃3プレー目のパス、今度は#36 LB石黒(4年)がインターセプトを成功させ、攻守交代。再びゴールラインまで残り20yds地点というグッドポジションから攻撃開始。#22 RB中井(4年)のランで攻め上がり、最後は大島がタッチダウン。20-0。

後半は1,2年生を中心としたメンバーで奮闘し、最後は#9 DB樅山(1年)がインターセプトをもぎ取り試合終了。20-0で東工大の勝利となった。

 

3年ぶりとなる東工大会場での秋試合、父母の方々やOBOGの方々にも多くお越しいただいた中での一戦となりました。足を運んでくださった皆さま、応援ありがとうございました。

勝利はしたものの、前半で圧倒的な差をつけるという目標を達成することはできず、多く課題の残る試合となりました。

 

次戦の相手は一橋大学です。東工大と同様これまで全戦全勝、同じ国立単科大学で似た境遇のチームです。そんな相手に対して譲れない一戦であり、取り組みの差を証明しなければなりません。

 

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

2022秋 第一節 東洋大学戦 試合レポート

本日は9/23(金)に行われました東洋大学戦の試合レポートをお届けします。

 

台風の影響のため雨天が心配されたがなんとか持ちこたえ、曇天の下2022シーズン秋1試合目のキックオフを迎える。

 

東洋大学のキックにより試合開始。

東工大オフェンスは#17 RB喜多(3年)のランを中心にファーストドライブを確実に進め、ゴールライン12yds地点へ持ち込む。3rd down 6ydsというシチュエーションで#6 QB及川(2年)からエンドゾーン内の#85 WR村山(2年)へパスが投げられるも不成功。ここは#81 TE河野(4年)がフィールドゴールを決め、3点獲得で東工大のリード。

東工大のキックにより試合再開。東洋大学の攻撃となるが、東工大ディフェンスがフレッシュを許さず、自陣奥でのパントに抑える。

残り40yds付近から東工大オフェンス開始。#17 喜多が4th downを取り切り、残り20ydsまで持ち込む。最後は#3 QB 大島(3年)が一気に駆け抜けタッチダウン。PATも決め切り7点追加、10-0で東工大のリード。

2Q、#97 DL森(4年)のQBサックで相手オフェンスを大きく後退させる。続く東工大オフェンスは#11 WR喜多代(2年)のパスキャッチ、#22 RB中井(4年)ランで一気に攻め上がり、最後は#17 喜多が着実にドライブ、3ydsを取り切りタッチダウン。PAT成功で17-0とする。

東工大のキックで試合再開。相手リターナーに自陣まで運ばれ、35yds付近から東洋オフェンス開始。2yds,3ydsとランが進み、残り4yds地点まで攻め込まれ、1st down。しかし東工大ディフェンスはこれを4回の攻撃に抑え込み、東洋大の得点を許さない。

 

3Q、東工大はパスプレー中心で攻撃を仕掛けるも通らず、パントを選択。ところが東洋リターナーが40yds駆け上がり、そのままタッチダウン東洋大に7点の得点を許してしまう。17-7。

再度東工大オフェンス。今度は#89 WR坂部(2年)、#18 WR米田(2年)らにパスが通り、最後は#3 QB大島(3年)から#11 喜多代へのパスでタッチダウン。24-7でリードを広げる。

#1 WR本多(4年)のキャッチでフレッシュを更新し、続く#89 坂部へのパスも成功。相手ディフェンスを引き剥がし60ydsを駆け抜ける独走タッチダウンを決める。31-7。

4Q半ばに相手のタッチダウンを許し、31-14。

その後東工大ディフェンスは自陣まで攻め込まれるも、#39 LB安藤(2年)によるQBサックが決まり、さらにこぼれたボールを#99 DL織田(1年)がリカバー。下級生DEFによりターンオーバーを持ってくることに成功。

そのまま点差変わらず試合終了。31-14で東工大の勝利となる。

 

2年生は中心の戦力として、さらに1年生は公式戦初出場ながらも活躍を見せ、下級生の成長が見られる一方で、課題も多く残る試合内容となりました。

次節の千葉戦に向けて、激しさ・しつこさを尖らせ、結果だけでなく内容含めて圧倒できるよう励んでまいります。

 

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

1年生紹介〜AS編〜

こんにちは、34期ASの高橋南帆です。

大変大変お待たせしました、ASの新入生の紹介をさせていただきます!

 

左が柴田 茉菜、右が市岡 尚興です。

 

まずまなちゃん!とっっっっっても、かわいいです!かわいい!きゅん!!!しかも優秀で、7月に入部したばかりなのに「あれもう入部から半年のASかな?」って思うくらい成長が速い努力家です。拍手👏👏👏

ASの柴田茉菜です。アメフト知れば知るほど楽しいです!どんどん成長して、チームに貢献できるように頑張ります!

 

次に市岡!スタッフの中で誰よりもアメフトが好きだと思われます。時間があれば週末はアメフトの試合を観戦している有望株です!でもちょっと変なところも…。ま、拍手!👏👏👏

ASの市岡です。アメフトの知識や考え方を多く知って、自分の能力を活かしてチームに貢献できるようになりたいです。

 

というわけで、新入生紹介は以上になります!

1年生紹介~MGR編~

こんにちは!4年MGRの大和田です

ここのところすっかり秋らしい天気になりましたね。この湿度が低いカラッとした感じがとてもすごしやすいです。

 

というわけで(?)今回はMGRの1年生紹介をお届けしたいと思います!!

 

これまた個性が強い3人組がMGRユニットに加わりました😌

みんなやる気MAX&優秀で、すでに大きな戦力になっています!もう1人でできるの!?ということが例年と比べても多く、上級生の少ない今年のMGRユニットを底上げしてくれる存在です。

右から佐治響(さじひびき)、赤澤歩美(あかざわあゆみ)、川野巧翔(かわのたくと)

3人でMGR!!

丁寧&正確な仕事ぶりで早くもデキるMGRの予感✨ハキハキとRBの盛り上げもばっちりな響ちゃん!

RB担当MGRの佐治響です!
なんでにやにやしてるの?と言われることがありますが、1人で思い出し笑いしてるだけなので、どうか気にせず!仕事をスムーズにこなせるようになって、チームに貢献できるようになります!!

 

歩美ちゃんの大好物はアイス、着信音はサイレン…?、DB愛は人一倍!!不思議な言動も多いけど(笑)、素直な姿勢で日々奮闘💪キャプテン(4年DB)と友達になりたいらしい🤔

こんにちは!!36期DB担当MGR、赤澤歩美です!選手として一緒に戦いたい気持ちは山々なのですが現実的には難しいので、わたくし、マネージャーとしてチームに大大大貢献しちゃいます!!ということで、皆様、アイスを買いましたらぜひ私にお届け下さい。

 

たくとはコミュ力おばけです。彼の勧誘で入部した1年生は数知れず(というほどでもないけど)、5個上の学生コーチにもDMを飛ばすほどの社交性を持っています…!同期・先輩、選手・スタッフ関わらず誰とでも話せる強みを活かして、いろんな知識を吸収中💫

こんにちは!LB担当MGRの川野巧翔です!みんなが仲良く団結力を持った強いチームになって欲しいので、自分の包容力を活かして選手と積極的にコミュニケーションを取り、モチベーションキープに努めたいです!!!
※お悩み相談はわたくしまで

 

3人ともポジ愛に溢れているのが、大和田的もっとも素敵ポイントだと思います!

この調子でめきめき成長してBIGなMGRになりましょう💪

 

さて1年生紹介の締めはASです!なほよろしく〜〜

1年生紹介~AT編~

こんにちは!35期AT藤井汐音です!

ここ最近朝晩は肌寒くなってきましたね。寒いと気力を奪われてしまう私としてはとても困るなぁと思っているところです。

 

さてさて本日は、36期の優秀新人AT3人衆を紹介します!

 

真ん中3人が36期です!

みんなから自己紹介と抱負をいただきました。

 

まず、現役1人で窮地に陥っていたメディカルの救い主まち!

どうも皆さん初めまして!36期新人AT琵琶湖生まれ琵琶湖育ち!どうも平井真知と申します!!!!!この部活に入って剛腕委員会委員長を務めさせていただいております。私にかかればホワイトは破れてしまいます、皆様どうぞお気をつけください。今後とも是非是非よろしくお願いいたします。

 

次は、黒河2号(ということは兒嶋さん3号!?)として名高い、期待の男トレーナーひろし!

こんにちは!!!36期ATストレングス深見 寛です!同期とも先輩とも仲良くやっていて毎日ルンルンで部活を楽しんでいるヒロシです!!選手を1人でも多くムキムキにしてグラウンドに送り込みたいと思っております!!がんばるぞーー!!!

 

最後に、グラウンドではとてつもなく優秀だけど、ネジがかなり抜けてることは!

えーみなさん初めまして、36期ATでメディカルの田代です。大学に入って老化が進んだようでして、骨密度は63歳の母より低く、骨粗鬆症予備軍と言われたり、朝は4時ぐらいには目が覚め、極め付けは人の名前と顔が一致しないということです。若さ溢れる同期から若さを吸収して元気にやっていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

他ポジに比べてとんでもなくコメントが長いATの特性を、見事に受け継いでくれて嬉しい限りです。

 

3人とも元気いっぱいで、目が合うたびにナン食べようと言ってきたり、辺鄙な駅でインコとコミュ力を比べてたりする私たち35期を、脅威の成長スピードで毎日たくさん助けてくれています。いつもありがとう!!!

 

1年生と2年生しかいないATユニットですが、春オフにはみんなで花火をするほどの仲の良さを誇っています。みんなでがんばろうね🧡そして冬オフもみんなで遊ぼうね💙

 

次はMGR紹介です!お願いします🫶🏻🫶🏻